緑内障の名医の手術を希望している方へ

1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法~自宅トレーニングセット・メールサポート付~

緑内障名医から手術を受けることにより症状を改善させたいと考えている方にお伝えしておきたいことがあります。治療には薬を使う方法もあれば、目を手術することもありますが、まずは十分なカウンセリングが必要であるということです。

必ずしも緑内障の名医が手術を最優先するわけではなく、症状によっては他の治療法を選択することもありますもっとも目に負担がかからない方法で症状を完治させることがベストな選択でしょう。一時的な視野の回復だけではなく、長期間に渡って考えておくことが必要です。

眼科の病院は全国に数多くありますが、その中のどこに緑内障の名医がいるかは問題です。「全国・名医のいる病院」という本がありますので、そういったものを参考にするのもよいでしょう。目に異常を抱えたままで過ごすことは、できる限り避けたいものです。

失明という事態に陥れば、悔やんでも悔やみきれない結果になります。ためしに目を閉じたままで生活しようとすれば、あっという間に頓挫することになります。それだけ、我々は視覚に頼りながら、毎日を暮らしているということです。

したがって、大切な目を手術するなら緑内障の名医と呼ばれる専門医に担当してほしいと願うのは当然のことでしょう。万が一、失敗などがあっては取り返しがつかないことになります。医療裁判など起こしても時間と労力がかかるだけで、健康な目が取り戻せるわけでもありません。

だからこそ、経験豊富で技術も確かな緑内障の名医から手術を受けておきたいのです。そうすることにより、余計な心配をすることなく、安心して治療を任せることができます。常に腕を磨きつづけてきた専門医にこそ、信頼を置けるものです。

眼科なので緑内障の薬を出すなどの治療を行ってはいるものの、十分な経験のない専門医が担当になることもあります。そうなった時、悪い言い方をすれば、患者さんは練習材料になっているようなものです。しっかりした指導係がついていれば話は別ですが、背伸びをして未成熟な眼科医が治療に当たることだってあるのです。

そのような事態を避けたいのは当然ですが、自ら眼科病院を選ばない限り、名医に緑内障の手術をしてもらえる可能性など、0に近いものです。自ら治療を行えない以上、誰を主治医に選ぶかが、患者さんにできる最大の自衛策ではないでしょうか?

眼科の名医と呼ばれる専門医は数少ないですし、それぞれに得意分野があります。緑内障や白内障、網膜はく離、飛蚊症など、眼病だけでも色々な種類がありますし、近眼や遠視、乱視などもあります。レーシックに積極的に取り組んでいる眼科も存在します。

そうした特長を理解した上で、病院選びをすることが大切です。名医から緑内障の手術を受けたいのに、レーシックに力を入れている眼科を選んでも仕方がないことは容易に分かるでしょう。同じ眼科であっても、得意とする領域が異なるのです。

自分の症状にあった病院選びをすることによって、たくさんの症例を目にしてきた専門医と出会えることになります。基本的な治療に習熟していることはもちろん、イレギュラーなケースであったとしても、適切な判断を下してくれることが期待できるでしょう。

たとえば、白内障と緑内障を併発していることがありますが、この場合には白内障も治療しなくてはなりません。どちらも放置しておけば失明を招くことのある深刻な眼病ですので、一方だけが治ればよいというものではありません。

白内障も緑内障も名医から治療してもらうことによって、十分に症状の悪化は食い止められる眼病ですので、まずはしっかりと検査を行い、診断を受けることが大切です。その上で、もっともよい治療法が薬を用いることなのか、それとも手術を行うことなのかといったことを検討することになるでしょう。

元々、白内障と緑内障は併発しやすい眼病ですので、名医であれば慌てずに対処してくれるはずです。どちらも加齢と共に発症しやすくなるものですし、視野が狭まったり、物がかすんで見えたりするなど、視野の以上を訴えるものです。そのままにしておくことはできません。

加齢と共に進むのは老眼ぐらいと考えている人もいますが、それは平和に歳を重ねることができた場合で、白内障や緑内障の原因に加齢が挙げられる以上、症状が現われて治療を受けることが必要になることは珍しいことではありません。

眼科の名医に出会わなくても目の状態が生涯に渡って良好であるのが、もっとも嬉しいことですが、生きていれば身体に異常が出る場合もあります。そのために医療があるのですし、上手に活用することで健康は取り戻せるものです。

一度は緑内障が原因で視野が狭まったとしても、それが一生続くとは限りません。名医から手術や薬による治療を受けることで症状がなくなり、再び良好な視野を取り戻せることもあります。そのためにも、目に異常があると感じたなら、ひとまず眼科で検査を受けてみましょう。

自分で勝手な判断を下さずに、眼科の専門医から検査を受けることは大切なことです。そのことにより、思いもよらなかった眼病が発覚することだって珍しくありません。普段意識しないからこそ、緑内障の原因や症状についても気付かないことが多いのです。

緑内障の名医のいる病院を見つけて、まずは納得できるまで相談を行いましょう。目のことだけではなく、そこから派生した不安についても相談すれば、アドバイスをもらえるでしょう。これまでにも、多くの患者さんを診断してきた名医だからできるアドバイスもあります。

一度は問題を抱えた瞳も、症状を抑えることによって良好な視野を取り戻すことができるのです。信頼できる眼科の専門医を見つけて検査を受けましょう。緑内障の名医から治療を受けることは、あなたにとって大切な目を守るための最善策となるはずです。

眼科で緑内障の治療を受ける前に

1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法~自宅トレーニングセット・メールサポート付~

眼科緑内障の検査を受け、治療を始める前に考えておかなくてはならないことがあります。本当にその病院に任せてよいのかということです。目に異常を感じた場合、多くの方は家から近いところで検査を受けるでしょう。

しかし、その眼科に緑内障の名医がいるとは限りません。むしろ、確率的にはいない可能性の方が圧倒的に高いでしょう。十分な実績を積んだ専門医がいるかというレベルから不安が残ります。そのため、まずは自分がどこの病院で治療を受けるかを考えておく必要があります。

手術が決まってから、慌てて評判のよい眼科で緑内障の名医から手術を受けようとする人がいますが、できればもっと早い段階から考えておく方がよいでしょう。そもそも、治療方針が最適なものであるかということだって考えなくてはならないのです。

さらに言えば、検査結果や症状の分析についても、眼科によって緑内障の患者さんを診断してきた実績が異なる以上、確実さに違いがあるのは当然のことです。大切な目の問題を軽んじてしまうことによって、後になって後悔することになりかねません。

すべての眼科で緑内障の治療実績が十分にあるわけではありません。白内障や網膜はく離など、別の眼病を強みとしていることだってあります。それを知った上で選ぶのなら構いませんが、知らずにリスクを抱えてしまうことは避けましょう。

万が一、失明ということになってしまったら人生を大きく狂わせることになりますし、たとえそこまで大げさではなくても、治療や手術の効果が薄かったり、最適な薬ではないものが使われてしまうこともありえます。

治療のレベルを向上させることを、すべて病院の責任にすることよりも、患者さんの側でも行こうとしている眼科に緑内障治療の実績があるかどうかを調べるといった手間をかけることの方が、現実的に効果を上げられるのではないでしょうか。

本来であれば、治療の責任は病院にあります。しかし、それに固執することで患者さんが不利益をこうむるのであれば、現実に即した対応をするのが賢明でしょう。名医のいる眼科で緑内障の手術を受けることによって成功率が高まるのであれば、検討する余地は十分にあるはずです。

視野狭窄が進んでしまえば、事態は悪化していきます。これまでは見えていた部分が見えなくなっていくのですから、日常生活の中でも不便を感じる場面も出てくるでしょう。そのような状況に陥るよりも前に手を打っておくことが大切です。

すでに視界が悪化してから眼科で緑内障の手術や投薬治療を行うよりも、症状が初期の段階で検査を受けるように心がけるべきです。何か目に異常を感じたなら、その段階で専門医から検査を受けておくことによって、目の状態を保全することができます。

緑内障の原因

1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法~自宅トレーニングセット・メールサポート付~

緑内障原因は前房内の房水が隅角から排出されないことによって、眼圧が上昇することにあります。したがって、原因を取り除くためには眼圧が高くなることを予防しなくてはなりません。また、血行障害も緑内障の原因になりますが、血行障害は甘いものや脂肪の多い物を食べ過ぎることや、水分の摂取が不足している場合、運動不足などが原因になります。

したがって、健康的で規則正しい生活を送ることが、予防の観点でも重要になってきます。また、緑内障の原因となる眼圧の上昇を解消するために、レーザーを用いて手術を行うこともあります。

また、発症したとしても、適切な治療を行うことによって進行を食い止めることはできますので、視野に異常があると感じたら、まずは眼科で検査を受けておくことが重要です。検査によって早期に発見することができれば、悪化する前の状態を保てるからです。すでに視野の欠損がひどい状態になってから治療を行うよりは、そうなる前に治療するようにしましょう。

日本人の中途失明の原因として第2位になっていることから考えても、軽視できる病気ではありません。まずは眼科に訪れるところからから始めましょう。

緑内障の名医とは

1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法~自宅トレーニングセット・メールサポート付~

緑内障名医に求める条件について考えてみましょう。眼科の専門医の中でも、有名な医師はがいます。たとえば、三井記念病院の赤星隆幸先生は白内障の名医として有名です。しかしながら、赤星隆幸先生に緑内障の治療を受けようと思う患者さんは多くはないはずです。なぜなら、得意とする分野が異なるからです当然、緑内障の名医と他の眼病における優秀な専門医とは区別して考えられるべきでしょう。それが分かっているなら、眼科の有名医であれば誰でもよいというわけではないことになります。

そうなると、眼科としての経験だけではなく、名医には緑内障の治療や手術をどれだけ行ってきたか、そして成功を収めてきたかどうかが問われることになります。質の良い医療を求める上で、経験を無視して語ることはできません。医学書で読んだ知識だけではなく、現場で患者さんの症状の経過を観察しながら対応した経験がなくては、いざという時に落ち着いて対処できない可能性があります。また、場数は踏んでいても、症状が改善していなくては意味がありません。医療ミスを何度も起こしているとなれば、名医として失格である以前に、眼科の専門医としての資質も疑われることになります。

経験と実績があることは、最低限の条件になるでしょう。また、患者さんの話に真摯に耳を傾けてくれるかどうかも重要な要素ではないでしょうか。視野に異常を感じる時、それが症状の悪化によるものか、異常な兆候ではないかといった不安を解消するためにも、緑内障の名医なら親切に説明してくれることが求められます。そうした人間性が患者さんに安心感を与えることになります。以上の要件を満たしてこそ、名医と呼ぶことができるでしょう。

緑内障と薬の制約

1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法~自宅トレーニングセット・メールサポート付~

他の病気になっても、緑内障のためにを使えなくなることがあります。もちろん、すべての薬に共通していることではなく、一部のものに限定されますが、瞳を開く作用があるために、薬が緑内障の急性発作を引き起こす可能性があるのです。したがって、他の病気であっても、注意書きについてはしっかり読んでおくようにしましょう。

使用後に目の充血や痛みが生じたり、視界が見えづらくなるといった変化があって眼科で検査を受けていない方は、眼科に行って診断してもらった方がよいでしょう。自分では自覚がないだけで、目に異常があるという可能性があります。自覚はないものの緑内障で、薬によって副作用を受けているということも考えられます。特に、中高年の女性は注意してください。

一般的に、ステロイド以外なら開放隅角緑内障は薬によって発作を起こすことはないとされていますし、レーザー治療を受けている閉塞隅角緑内障も薬による問題はないことが多いとされています。ただし、個人差や治療の成果の違いもありますので、眼科で確認しておいた方がよいでしょう。

目の健康は、こうした場面で他の体の部位にまで影響を及ぼすことがあります。予防と同様に、検査によって自分の目の状態を正しく把握しておくことは大切なことです。視野に異常を感じるような場合には、すぐに眼科で専門医から検査を受けるようにしましょう。

緑内障の治療

1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法~自宅トレーニングセット・メールサポート付~

緑内障治療は早い段階で行っておくことが有効です。なぜなら、視神経が障害を受けてしまうと、治療を行ったとしても、それが戻ってくるわけではないからです。したがって、眼圧を下げることによって、視神経を保護することが重要な意味を持ちます。1度欠けてしまった視野は戻らないので、おかしいと感じたら眼科で検査を受けるようにして下さい。

点眼薬や内服薬、点滴薬といった薬を用いる薬物療法やレーザー治療、手術が緑内障治療の柱となります。ここで挙げた順に選択肢として検討されるのが一般的ですので、まずは薬によって眼圧を正常な範囲に下げることが試みられます。それでも十分な成果が得られない時には、レーザー治療を行います。ただし、閉塞隅角緑内障にはレーザー治療を行うのが原則ですので、薬だけということは通常ありません。これらによっても改善されない場合には、手術を行うことを検討します。手術にはいくつかの術式があり、線維柱帯切開術と線維柱帯切除術、非穿孔性線維柱帯切除術が多く用いられているものになります。

それぞれの方法を選ぶ基準としては、目の状態、症状の進行状況、種類によって異なります。したがって、状況によって緑内障の治療は方法を変えていく必要に迫られることになります。多くの症例を治してきた眼科の名医であれば、より最適な選択肢を呈示してくれる可能性が高まります。主治医は重要なパートナーですので、慎重に選ぶようにしましょう。眼科の名医を探しておけばよかったと、後悔するようなことはないようにしてください。

緑内障の症状

1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法~自宅トレーニングセット・メールサポート付~

緑内障症状を早く発見する必要があるのには、理由があります。その理由とは、1度ダメになってしまった視神経は、治療を行っても復活しないということです。そのため、症状が進行して視野が欠けてしまうと、その欠けた部分については、戻らなくなってしまいます。緑内障は症状が悪化することで視野狭窄や視力の悪化が起き、最悪の場合失明します。実際、日本国内で二番目に失明の原因となっている眼病ですので、あなどることはできません。

治療を早期に開始することができれば、視神経へダメージを与えるのを防ぎ、緑内障の症状が進行するのを防ぐことができます。そのためには、どのような兆候が起きるかを知っておくようにしましょう。

緑内障の症状:視野の一部が欠ける、点のようなものが視界に入る、光っているものやまぶしい時、色彩がおかしく見える、視界がかすんだりぼやけたりする、視力の短期間での悪化等

こうした症状が当てはまる場合には、早めに眼科で検査を受けておいた方がよいでしょう。甘く考えていたために、より深刻になってしまい、日常生活にも影響するようになってしまうと取り返しがつきません。新聞を読もうとしても、一部の文字が見えなくなっていたり、視界の中心は見えているものの、端の方が見えなくなっていることもあります。多くの場合、緑内障の症状は長期間かけてゆっくりと進行していくため、なかなか変化に気付きづらいという特徴があります。また、視野が欠ければすぐに気付くと考える方もいると思いますが、実際にはもう片方の目で補ってしまうため、自覚する時期が遅れるという現実もあります。

したがって、自分で異常に気付いた時には、すでに悪化が進んでいることもありますので、もしかしたらと感じるのなら、1度眼科で目が正常かどうか検査をしてもらいましょう。

緑内障の検査

1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法~自宅トレーニングセット・メールサポート付~

緑内障検査を一度も受けたことがない方のために、眼科でどのようなことをするのかをご紹介しておきます。緑内障は加齢によって発症リスクが高まりますので、40歳以上の方は特に注意が必要です。40歳以上の方に限定すると、17人から20人に1人の割合で発症しているとされる眼病ですので、他人事と思わず、1年に1回を目安に、定期的に緑内障検査を受診しておいたほうが安心です。もちろん、物の見え方がおかしくなったという場合であれば、すぐに眼科に行った方がよいでしょう。

・眼圧検査
緑内障は眼圧の上昇が原因になっています。そのため、眼圧が上がっていないか、空気を当てるか、測定のために器具を目に当てて眼圧を測定します。ただし、日本人の場合には正常眼圧緑内障が多いため、眼圧が正常でも安心はできません。

・眼底検査
視神経の状態を見るため、視神経乳頭のくぼみをチェックし、拡大していないかを確認します。

・視野検査
見える範囲を確認し、視野に欠損がないかを確認します。視野が欠けているほど、症状が進行していることになります。

この他に、問診や視力の計測、隅角検査や細隙灯顕微鏡検査を行うこともあります。診断を正確に行うことは、その後の治療の成果を高める前提にもなりますので、しっかりした眼科を選んでおくとよいでしょう。そうしておけば、いざ治療を行うことになっても、安心して任せることができます。場合によっては失明につながることもありますので、緑内障は検査によって早期に見つけるようにしておきましょう。

先天性緑内障

1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法~自宅トレーニングセット・メールサポート付~

赤ちゃんが先天性緑内障にかかっている場合には、早めに手術を行う必要があります。そのままにしておくと、ひどい時には失明することがあります。また、視覚の正常な発達の妨げにもつながります。生まれてすぐに目の手術を行うことには抵抗があるのは分かります。しかし、放置しておくことは何の解決にもなりません。それよりも、先天性緑内障の治療経験を豊富に持つ眼科の名医を見つけることの方が現実的な対策になるでしょう。

大切な子供だからこそ、手術をする必要があるのです。眼圧が上昇したままだと、視神経をダメにしてしまう可能性があります。また、先天性緑内障の特徴として、眼球が大きくなって牛の目のように見えることがあります。それによって、異常に気付くことがあります。目は大切な器官ですから、子供うちでもトラブルがある場合には、眼科でしっかり処置を行うことが大切です。そのことが、今後の長い人生を健康な目と共に生きるために役立つのです。

先天性緑内障は、房水の排出口が先天的に形成異常を抱えている状態なので、そのままにしておけば眼圧は正常な範囲に戻りません。したがって、治療によって眼圧を下げる必要があります。眼科の専門医と相談して、必要な措置をとりましょう。

急性緑内障

1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法~自宅トレーニングセット・メールサポート付~

発作によって明確に異常が出るという意味では、急性緑内障は症状を見逃しづらいものということができます。時間をかけて進行する慢性型のものと比べると、目の痛みや頭痛、吐き気等激しい発作が起きることによって、少なくとも何らかの異常があることは自覚できます。ただし、目の問題とピンとこない場合、脳の問題等と誤解してしまう場合もあります。

急性緑内障の治療は早期に行うことが必要です。24時間以内が目安であり、早ければそれだけ視神経の状態が悪くなるのを防ぐことができます。反対に、長く放置しておけば短期間で失明することもあります。たとえ治療を行っても、処置が遅れれば以前と同じ状態に視界が戻るとは限りません。心当たりの発作が起きた場合には、放置しないで必ず病院に行きましょう。

治療としては、薬物療法を行ったあと、レーザー治療を行うことが一般的です。急性緑内障の場合、眼圧が著しく高まっていますので、それを下げる必要があります。急性の症状は激しいために、急激に視神経にも負担がかかります。したがって、処置を早くするということは、それだけでも意義のあるところです。急性緑内障の疑いがあるならば、眼科に行って処置を行ってもらいましょう。夜間でも診てくれる病院を調べておくと、いざという時にも安心です。