緑内障の名医とは

1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法~自宅トレーニングセット・メールサポート付~

緑内障名医に求める条件について考えてみましょう。眼科の専門医の中でも、有名な医師はがいます。たとえば、三井記念病院の赤星隆幸先生は白内障の名医として有名です。しかしながら、赤星隆幸先生に緑内障の治療を受けようと思う患者さんは多くはないはずです。なぜなら、得意とする分野が異なるからです当然、緑内障の名医と他の眼病における優秀な専門医とは区別して考えられるべきでしょう。それが分かっているなら、眼科の有名医であれば誰でもよいというわけではないことになります。

そうなると、眼科としての経験だけではなく、名医には緑内障の治療や手術をどれだけ行ってきたか、そして成功を収めてきたかどうかが問われることになります。質の良い医療を求める上で、経験を無視して語ることはできません。医学書で読んだ知識だけではなく、現場で患者さんの症状の経過を観察しながら対応した経験がなくては、いざという時に落ち着いて対処できない可能性があります。また、場数は踏んでいても、症状が改善していなくては意味がありません。医療ミスを何度も起こしているとなれば、名医として失格である以前に、眼科の専門医としての資質も疑われることになります。

経験と実績があることは、最低限の条件になるでしょう。また、患者さんの話に真摯に耳を傾けてくれるかどうかも重要な要素ではないでしょうか。視野に異常を感じる時、それが症状の悪化によるものか、異常な兆候ではないかといった不安を解消するためにも、緑内障の名医なら親切に説明してくれることが求められます。そうした人間性が患者さんに安心感を与えることになります。以上の要件を満たしてこそ、名医と呼ぶことができるでしょう。