緑内障の症状

1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法~自宅トレーニングセット・メールサポート付~

緑内障症状を早く発見する必要があるのには、理由があります。その理由とは、1度ダメになってしまった視神経は、治療を行っても復活しないということです。そのため、症状が進行して視野が欠けてしまうと、その欠けた部分については、戻らなくなってしまいます。緑内障は症状が悪化することで視野狭窄や視力の悪化が起き、最悪の場合失明します。実際、日本国内で二番目に失明の原因となっている眼病ですので、あなどることはできません。

治療を早期に開始することができれば、視神経へダメージを与えるのを防ぎ、緑内障の症状が進行するのを防ぐことができます。そのためには、どのような兆候が起きるかを知っておくようにしましょう。

緑内障の症状:視野の一部が欠ける、点のようなものが視界に入る、光っているものやまぶしい時、色彩がおかしく見える、視界がかすんだりぼやけたりする、視力の短期間での悪化等

こうした症状が当てはまる場合には、早めに眼科で検査を受けておいた方がよいでしょう。甘く考えていたために、より深刻になってしまい、日常生活にも影響するようになってしまうと取り返しがつきません。新聞を読もうとしても、一部の文字が見えなくなっていたり、視界の中心は見えているものの、端の方が見えなくなっていることもあります。多くの場合、緑内障の症状は長期間かけてゆっくりと進行していくため、なかなか変化に気付きづらいという特徴があります。また、視野が欠ければすぐに気付くと考える方もいると思いますが、実際にはもう片方の目で補ってしまうため、自覚する時期が遅れるという現実もあります。

したがって、自分で異常に気付いた時には、すでに悪化が進んでいることもありますので、もしかしたらと感じるのなら、1度眼科で目が正常かどうか検査をしてもらいましょう。