緑内障の検査

1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法~自宅トレーニングセット・メールサポート付~

緑内障検査を一度も受けたことがない方のために、眼科でどのようなことをするのかをご紹介しておきます。緑内障は加齢によって発症リスクが高まりますので、40歳以上の方は特に注意が必要です。40歳以上の方に限定すると、17人から20人に1人の割合で発症しているとされる眼病ですので、他人事と思わず、1年に1回を目安に、定期的に緑内障検査を受診しておいたほうが安心です。もちろん、物の見え方がおかしくなったという場合であれば、すぐに眼科に行った方がよいでしょう。

・眼圧検査
緑内障は眼圧の上昇が原因になっています。そのため、眼圧が上がっていないか、空気を当てるか、測定のために器具を目に当てて眼圧を測定します。ただし、日本人の場合には正常眼圧緑内障が多いため、眼圧が正常でも安心はできません。

・眼底検査
視神経の状態を見るため、視神経乳頭のくぼみをチェックし、拡大していないかを確認します。

・視野検査
見える範囲を確認し、視野に欠損がないかを確認します。視野が欠けているほど、症状が進行していることになります。

この他に、問診や視力の計測、隅角検査や細隙灯顕微鏡検査を行うこともあります。診断を正確に行うことは、その後の治療の成果を高める前提にもなりますので、しっかりした眼科を選んでおくとよいでしょう。そうしておけば、いざ治療を行うことになっても、安心して任せることができます。場合によっては失明につながることもありますので、緑内障は検査によって早期に見つけるようにしておきましょう。