先天性緑内障

1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法~自宅トレーニングセット・メールサポート付~

赤ちゃんが先天性緑内障にかかっている場合には、早めに手術を行う必要があります。そのままにしておくと、ひどい時には失明することがあります。また、視覚の正常な発達の妨げにもつながります。生まれてすぐに目の手術を行うことには抵抗があるのは分かります。しかし、放置しておくことは何の解決にもなりません。それよりも、先天性緑内障の治療経験を豊富に持つ眼科の名医を見つけることの方が現実的な対策になるでしょう。

大切な子供だからこそ、手術をする必要があるのです。眼圧が上昇したままだと、視神経をダメにしてしまう可能性があります。また、先天性緑内障の特徴として、眼球が大きくなって牛の目のように見えることがあります。それによって、異常に気付くことがあります。目は大切な器官ですから、子供うちでもトラブルがある場合には、眼科でしっかり処置を行うことが大切です。そのことが、今後の長い人生を健康な目と共に生きるために役立つのです。

先天性緑内障は、房水の排出口が先天的に形成異常を抱えている状態なので、そのままにしておけば眼圧は正常な範囲に戻りません。したがって、治療によって眼圧を下げる必要があります。眼科の専門医と相談して、必要な措置をとりましょう。